宮崎県産「まるみ豚」

様々な受賞実績を誇る
宮崎県産ブランド豚「まるみ豚」

宮崎県産の「まるみ豚」は宮崎県内肉畜共進会において、2年連続3度の優勝をはじめ、
料理王国100選に選出されるなど、様々な受賞実績を誇っています。
この受賞実績の裏には、豚の「美味しさ」ではなく、「健康」を追求してきた協同ファーム 日高社長の想いがあります。

宮崎県産 「まるみ豚」がおいしい理由

良い水への追及

「日本の名水っていうのは、自然が豊かなところにある。いいお酒は名水があるところで出来ている。豚にも名水を飲ませたい。」
このような思いから、まるみ豚へ与える水には徹底的にこだわっています。
まるみ豚の飼育されている宮崎県川南町は、雄大な尾鈴山の恵みを受ける自然に囲まれた町です。
昭和43年から使用している井戸は、とても豊かな水量と人も飲用可能なきれいな水質であることを確認しています。
その水をさらに磨き、良い水を豚に与えることから豚と環境の健康を保ちます。

植物性・自家配合の餌

肥育期の餌はすべて植物性のものを使用しています。
豚の先祖はイノシシであり、本来は植物性のタンパク質や土の微生物を食べて生きる生き物です。
豚の旨味の素である脂の甘みや臭みのない肉を目指すため、トウモロコシを基本とした、植物性のタンパク質にこだわり、まるみ豚のより良い健康を追求しています。

食の安心・安全を追求する衛生管理手法

食に関わる協同ファームの皆様は、より一層、安全性を追求し、安心して食べることができる商品を作ることが義務であると考えています。
そのため、協同ファームでは食の認証規格である「HACCP」および「グローバルGAP」取得に向けて取り組み始めています。

IoT技術を活用した徹底管理

IoT技術を導入することで給水・給餌・集糞・浄化槽・温度・湿度・CO2など豚舎をあらゆる視点でモニタリングしています。
こうすることで、生産が合理化され、豚と向き合い、愛情こめた豚育ての時間を確保。
豚が持つ本来の力を尊重し、かつ最大限に発揮できる環境づくりに徹底的に向き合っています。

宮崎県産 「まるみ豚」が食べられるお弁当

宮崎県産まるみ豚 ロース生姜焼き弁当

宮崎県産まるみ豚
ロース生姜焼き弁当

¥900(税込)

詳しくはこちら詳しくはこちら

宮崎県産まるみ豚 焼売弁当

宮崎県産まるみ豚
焼売弁当

¥850(税込)

詳しくはこちら詳しくはこちら

お弁当発注のことなら何でも、
お気軽にご相談ください。

0120-160-990

携帯電話の方はこちら:0570-000-681

月〜金:9時〜19時(祝日除く)/土:9時〜18時