• HOME
  • >
  • 食材のこだわり
  • >
  • 北海道産 黒牛

北海道産 黒牛

赤身と脂の旨味のバランスが良く、上品で程よいサシが特徴的な、
北海道育ちの2つの黒牛

「星空の黒牛」と「サロマ黒牛」はともに、上質なサシが入る黒毛和種と、
しっかりとした赤肉の風味を持つホルスタイン種のハーフ。
ジューシーで程よい歯ごたえの赤身に、豊かなコクと旨味にあふれる脂身が霜降り状に入り込み、
噛みしめるたびに美味しさが口いっぱいに広がる、奥行きのある味わいです。

「北海道産 星空の黒牛」がおいしい理由

きれいで澄んだ空気

北海道の東部、釧路湿原のほど近くにある標茶町(しべちゃちょう)。
どこまでもどこまでも緑が果てしなく広がる日本一の牧草地帯の真ん中で、きれいな空気と星空のもと、牛たちはストレスなくのんびりと快適な日々を過ごしています。

広い牧草地

300ヘクタールにもおよぶ広大な牧草地は、農薬も肥料も一切使用せず、もともとある自然地形をそのまま利用。
健康な大地で育つ牧草を乾燥や発酵飼料にして蓄えて、牛たちに1年中たっぷりと与えることで、イキイキと元気に育ちます。

透明度の高い美味しい水

世界でも指折りの高い透明度で知られる摩周湖。
この清らかな湖水が地下水や川となり、周辺に恵みをもたらしています。
牛たちはこの天然のミネラルウォーターを、好きなときに好きなだけ飲み、自然の恵みでからだを潤しています。

旨味の濃い赤身と脂の味わい

細かなサシが特徴の黒毛和種と、赤身の味が濃厚なホルスタイン。
お互いの良さを兼ね備えたのがこの「星空の黒牛」です。
牛の味がしっかりしながらも、上品なサシが入っているので、ジューシーで柔らかい肉質に育ちます。

「北海道産 サロマ黒牛」がおいしい理由

北海道生まれの仔牛だけを厳選

佐呂間は北海道でも北の果て。
人里離れた場所なのできれいな空気と水に恵まれていますが、生まれたばかりの仔牛に輸送でストレスをかけないように、地元北海道で生まれた仔牛だけをこの佐呂間の地で愛情込めて育てています。

哺乳は女性スタッフが直接人の手で

1回哺乳用の大きなボトルで、仔牛にミルクを飲ませています。
1回に飲む量は2.4リットル。
バケツではなく、ボトルで与えることによって、お母さんのおっぱいを飲む姿勢と同じになり、唾液もよく出て消化がよくなります。

発酵飼料を贅沢に与えて育てる

自社や佐呂間内の契約農家でつくっているデントコーンを乳酸菌発酵させたものだけでなく、酵母発酵させたものも飼料として与えることで、内臓から元気で健康な牛に育ちます。

とにかくストレスを与えない

牛はとてもデリケートな生き物で、中にはストレスを感じて胃潰瘍になってしまう牛もいるほどです。
仔牛への哺乳を人の手で行うこともですが、とにかく人が好きになるように愛情を持って接します。
そうすることで牛はストレスなくすくすく元気に育ちます。

「北海道産 黒牛」が食べられるお弁当

北海道産黒牛100%黒牛バーグ弁当

北海道産黒牛100%
黒牛バーグ弁当

¥1,000(税込)

詳しくはこちら詳しくはこちら

お弁当発注のことなら何でも、
お気軽にご相談ください。

0120-160-990

携帯電話の方はこちら:0570-000-681

月〜金:9時〜19時(祝日除く)/土:9時〜18時

頼ム前にまず試食

会議、研修、イベント弁当ご発注者様、必見!
失敗しないお弁当選びの新常識
頼ム前にまず試食 詳細はこちら

COPYRIGHT (C) OBENTO-LAB. ALL RIGHTS RESERVED.